BLOG ブログ

不動産売却の際の、一般媒介・専属専任・専任媒介の違いとは

不動産を売却する際、不動産会社と必ず媒介契約を結びます。「一般」「専属専任」「専任」と3つある媒介契約のメリット・デメリットをご説明します。

不動産を売却する際に一般媒介契約を選ぶ場合のメリット・デメリット

まずは「一般媒介契約」についてですが、一般媒介契約は、不動産売却を複数の不動産会社に依頼できます。

はじめて売却を依頼する際、数ある不動産会社の中から1社に絞るのは大変です。そのため、最初はいくつかの不動産会社に依頼してみて、3ヶ月毎の更新のタイミングで信頼できる不動産会社に任せるという方法があります。

一般媒介のメリットとしては、数社に依頼してみて様子を見ることができるというところでしょうか。

しかし、依頼される不動産会社からすれば、他の不動産会社で契約されてしまえば、経費だけがかかるというリスクもあるため、積極的な売却活動を控えられてしまうという可能性もあります。

専属専任、専任媒介契約のメリット・デメリット

続いて「専属専任媒介契約」です。専属専任とは1社の不動産会社だけに売却を依頼する契約です。もし、ご自身で買主を探したとしても依頼した不動産会社を必ず通さなければなりません。

専属専任媒介は、一般媒介と違い、売却すれば必ず仲介手数料が入ります。そのため、積極的に販売活動を行ってくれるというメリットがあります。

一方、デメリットとしては、不動産会社の選定が難しく、失敗すれば売却活動が長期化する可能性もあります。

専任媒介は専属専任媒介とほとんど内容が変わりませんが、専任媒介契約は、ご自身で買主を見つけたときには直接契約ができます。

3種類の媒介契約には、それぞれメリットやデメリットが存在します。東洋では、しっかりとお客様の目的が達せられる仲介を目指します。

不動産売却を検討されている方は、台東区寿の東洋株式会社までご相談ください。まずは、無料の不動産売却査定から始めさせていただきます。