BLOG ブログ

不動産を売却するタイミング

台東区は、上野や浅草などの観光地が有名ですが、都心や空港へのアクセスが良く、単身者やファミリーに人気があります。

また、インバウンド効果もあり、不動産投資にも適しており、不動産価格は都内でもトップクラスの上昇率です。

そんな台東区で中古マンションや土地、中古戸建を売却して利益を生み出すタイミングを考えてまいります。

日本の景気は東京オリンピックまで上昇すると言われていますが、その後は消費税増税の影響などもあり、景気は下がると言われています。

しかし、台東区のような利便性が良く、インバウンド効果が期待できる地域は、不動産の価格が下がりにくいと言う意見もあります。

2020年東京オリンピックの経済効果とは

東京オリンピックの経済効果は30兆円を超えると、東京都は発表しています。

この試算は、東京オリンピックが決定した2013年から2030年までの約18年の経済効果であり、オリンピック以降の経済効果も前向きに考慮しています。

購入金額を上回る状態で売却

不動産は将来の価格上昇も期待できますが、近年は自然災害なども多く、予測不能なリスクもあります。

また、室内の状態や設備の不具合などによって、リフォームを施さないと住むことができなくなれば、その分、価格は下がります。

そのため、購入金額を上回る金額で売却できるのであれば、そのタイミングで売却を検討してみてはいかがでしょうか。売却のタイミングを逃すことで、納得いく金額で売れなくなる可能性もあります。

東洋では不動産売却を考えているお客様とタイミングを見極めて理想の金額で売却を目指します。

中古マンションの購入・売却・リフォームのご相談は台東区寿の東洋株式会社にお任せください。