BLOG ブログ

耐震基準適合証明書が発行可能な物件

先日ご契約させていただいたお客様は、他社で2度購入申込と住宅ローンの事前審査を行っているお客様でした。

しかし、なぜか契約には至らず、弊社でご紹介させていただいた物件でご契約となりました。

ご契約の際、物件のどこを気に入ってくださったのかお聞きしたところ、耐震診断適合証明が発行できるということがポイントになったそうです。

今までご覧になった物件でも、耐震診断や耐震補強工事を行っている物件はありましたが、耐震基準適合証明書の発行はできない物件だったため、しっくりこなかったそうです。

一般的に耐震基準適合証明書が発行できる物件の方が、発行できない物件よりも価格は高くなります。しかし、お客様が旧耐震でも安心感を求めているのか、エリアや立地、陽当たりなどの条件なのか、価格優先なのかで選ぶ物件が変わってきます。

お客様も、ご自身のニーズのに気付いていなかったり、物件をたくさんご覧になるうちに考えが変わることはよくあります。東洋では、物件のメリット・デメリットをしっかりとお伝えし、お客様と一緒にゴールに向かう姿勢を大切にしてまいります。