BLOG ブログ

不動産(マイホーム)購入の流れ

不動産の購入は、一般のお客様にとって一生で何度も経験しない大きな買い物です。もしかすると人生が変わってしまうかもしれない大きなターニングポイントです。

東洋は「任せて良かった」と思っていただけるよう売買契約や引き渡しまではもちろん、その後も定期的に連絡させていただき、フォローしてまいります。

安心・安全な不動産購入を実現する

すでに物件を内覧されたり、不動産会社に相談に行かれた方はお気付きだと思いますが、不動産仲介業者はお客様が成約に至ったときの仲介手数料を収益として事業を行っています。

つまり、契約してナンボの営業会社です。不動産会社によっては厳しいノルマや歩合の給与体系などもあり、売りたい物件だけをすすめてきたり、なかなか帰らせてもらえないような強引な接客もあると聞いています。

一方、毎日物件資料や情報を目にしている分、本当にお客様におススメの物件だったり、やめた方がよいと思う物件がわかるのも事実です。

信頼できる不動産会社の選定が納得いくお取引の第一歩だと思います。

1.購入動機を確認

まずは、お客様に購入動機をお聞きします。ライフスタイルが多様化するなか「なぜ不動産を購入するのか」をお聞きし、目的や目標を明確にします。

マイホームの購入に向けて動き出しますと、購入することがお客様の目標であり、楽しみであり、日々のモチベーションになります。しっかりとサポートさせていただくために、まずは購入動機の確認を大切にしています。

2.希望条件を整理

次に、エリアやご予算、広さや間取りなどの希望条件をお聞きします。現実的には、100%希望通りの物件に出会うことは難しいかもしれません。しかし、もし100%叶うとしたらどういう条件の物件が良いのかを整理することで、ポイントが見えてきます。

3.資金計画をたてる

物件を購入するうえで最も大切なのが資金計画です。自己資金はくらい用意できるのか、どのくらい住宅ローンを借りることができるか、月々いくらまで支払いを想定しているのかをシュミレーションをしていきます。

住宅の支払いが月々いくらになるかというは将来のライフプランで大きな問題です。返済までのプランをお客様と一緒にイメージしていきます。

4.内覧する物件の選定

お聞きした条件で物件を選定し、特に気になる物件をピックアップして内覧の予約をしていきます。ここでお客様とコミュニケ―ションをとれていることが大切になります。現在は、スーモやホームズなどの不動産ポータルサイトを利用してお客様自身で物件をさがすのが一般的です。基本的に東洋では、お客様が気になる物件は全てご覧になっていただきます。

もちろん、不動産の営業マンはプロとして、お客様自身も気付いていないニーズを掘り起こすために条件を広げて物件を提案していきます。

5.物件のご案内

実際に物件を見ていただくと「インターネットやチラシなどで見るのと実際に物件を見るのでは違う」という感想をよく聞きます。実際に物件や周辺の雰囲気を感じ、内装に触れたりすることで実感が湧いてきます。

好みや拘り、大切なものは人によって違います。そのため、東洋では不動産会社としての意見をお伝えするよりも、できるだけたくさん物件をご覧になっていただき、お客様自身で条件が絞れるようになるのが良い条件だと思っています。

6.購入申込

気に入った物件が見つかりましたら「購入申込書」を売主様に提出します。申込みは、お客様が気に入った物件を抑えるという意味もありますが、価格や条件等を交渉できる大切な場面です。また、競合する場合はスピードも重要になりますので、仲介業者にとっても大切な仕事になります。

また、住宅ローンを利用する場合には、金融機関の事前審査を同時に行います。条件が折り合い、住宅ローンの事前審査が通ればご契約という流れになります。

不動産仲介業者の役割

現在は、お客様がご自身で物件を探したり、住宅ローンの審査もネットで行うことができます。近いうちに内覧もオンラインで行えるようになると思います。ただ、そんな時代だからこそ不動産仲介業者の果たす役割は大きいと考えます。いくら情報が溢れていても、正しくリスクやデメリットを把握して判断する必要があるからです。

東洋株式会社は、不動産の売買を通してお客様の夢や目標達成に貢献すること、その一点のために存在している会社です。まずは、お気軽にご相談ください。