BLOG ブログ

売却する物件をリフォームすることのメリットとデメリット

売却する物件をリフォームして売却した方が良いか、そのまま売却した方が良いか考えてみます。

まず、リフォームすることのメリットですが、お客様の印象が古いときよりも良くなり、購入意欲が刺激されます。また、設備の不具合などがある場合、価格交渉される可能性もありますので、先に直しておいた方が良いでしょう。

デメリットですが、好みの色や間取りは異なりますので、折角リフォームしても、購入したお客様が、すぐにリフォームをすることもあります。また、リフォーム代金を価格に上乗せすることで、割高感を感じてしまうこともあります。

築年数の浅い物件で、クロスの貼り替え程度の補修でしたら売主様が行った方が良い場合もありますが、古い物件の場合は、リフォームを買主様にお任せし、価格を安く設定する方がスムーズにすすむケースが多いような感じです。

売却する物件を事前にリフォームするべきかお悩みの際は、まずは東洋株式会社までお気軽にご相談ください。