BLOG ブログ

敷金等の承継トラブルを回避して賃貸中の不動産を売却する

オーナーチェンジ等、賃貸物件の売却では、マイホームの不動産売却ではおこらないトラブルが想定されます。

一体どのような問題が想定されるのか、このブログで紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

賃貸中の不動産を売却する際に気をつけるべきポイント「敷金承継」の問題点

賃貸中の不動産を売却する際、敷金や滞納している家賃などの処理方法が詳しく分からないという方もいるのではないでしょうか。

特に自己管理の不動産をオーナーチェンジする場合、旧オーナから新オーナーに契約内容を承継する必要があります。

敷金・保証金を新オーナーに継承する

敷金・保証金は、賃借人が賃貸人に預けるお金のことで、退去時にお部屋の補修をおこなうために使い、残りは返却します。

そのため、オーナーチェンジをする場合には、新オーナーが退去者に敷金を返却することになるため、旧オーナーが預かっていた敷金を新オーナーに継承する必要があります。

もし家賃滞納があった場合、旧オーナーは滞納分を敷金から差し引くことができます。

この仕組みを忘れてオーナーチェンジ物件を売却してしまうとトラブルになる可能性があります。

不動産売却時に敷金継承トラブルを回避する

オーナーチェンジの際、敷金継承でトラブルを回避するために、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。対策についてご紹介していきます。

新オーナーとの敷金継承の引き継ぎの失敗

旧オーナー、新オーナーのどちらかが不動産会社である場合には、特に大きな問題もなく敷金継承とともに新しい物件を引き渡すことができます。

しかし、両者がこの問題をよく知らない状態で引き渡しをした場合、後から敷金返還のために旧オーナーが敷金を負担しなければならない場合があります。

契約内容の再確認

敷金のなかには、細かくチェックすると返還する必要のない敷引きや、保証金の償却なども設定されていることがあります。

新オーナーと敷金承継をする際は、この契約内容を見落とした状態で引き継ぐと、後日、新オーナー側とトラブルになります。

対策方法

敷金承継のトラブルを回避するために大切なことは、不動産仲介会社、管理会社と密に連絡をとり、旧オーナーと新オーナーが誤解をなくすようにすることです。

特に、売却相手が不動産会社のようなプロではなく、個人の場合は丁寧な説明が求められるのでしっかり契約内容を確認しながら交渉するように心がけてください。

最後に

賃貸物件を売却する際は、賃貸借契約の継承が必要です。

トラブルを回避するために、契約内容をしっかりと確認し、誤解が無いように売買契約前にすべて解決するようにしてください。

また、仲介業者、管理会社とも連絡をとり、フォローしていただくことも大切です。

台東区不動産売却・購入を検討中の方がいましたら、東洋株式会社までお気軽にご相談ください!