BLOG ブログ

住宅ローンを組む際のお勤め先

先日、某大手外食チェーン店で契約社員として働く50代の女性が住宅ローンを組んで台東区の中古マンションを購入しました。

そのお客様は、埼玉県のマンションを売却しての買い替えだったのですが、埼玉県のマンションを購入する際、仲介業者から「正社員でなければ住宅ローンは組めません」と言われたため、仕方なく現金で購入したそうです。もちろん、その間に受けられるはずだった住宅ローン控除も受けられませんでした。

そして今回も、住宅ローンを組むことはできないと思っていました。書類を揃えていただき、金融機関に相談したところ、審査の土台には乗るということだったため、売買契約前に事前審査を行い、無事に契約に至りました。

確かに、契約社員の場合は正社員に比べて住宅ローンを組める銀行は少なくなりますが、「組めません」と断言してしまう営業マンの対応も良くなかったと思います。

契約社員だけでなく、自己資金が少ない、永住権がない、他にも借り入れがあるなど、審査が通りにくく、審査に必要な書類を揃えていただくのに時間がかかる場合があります。しかし、東洋株式会社では、あらゆる可能性を考えて提案します。

不動産を購入する際、住宅ローンは最も大切な要素のひとつです。まずは、台東区寿の東洋株式会社までお気軽にご相談ください。