BLOG ブログ

不動産取引における仲介手数料について

今回は不動産取引を考えている方に向けて、不動産売買時の仲介手数料についてご紹介していきます。

仲介手数料とは、不動産を購入・売却するための活動に対する成功報酬をいいます。

では仲介手数料には、具体的にどのような費用が含まれているのでしょうか。

まずは、売却の準備に関わる費用等です。

準備には物件の査定や売り出し価格の提案、物件資料の作成、広告作成などが含まれます。

次に、売却活動の費用です。

たとえば広告の成果や問い合わせの報告、購入希望者の窓口対応、また物件下見の日程調整や現地案内などがあります。

さらに取引のサポートに関する費用も含まれており、ここには売買条件の交渉や契約書の作成、決済と引き渡しのフォローなどが含まれています。

なお測量や建物の解体、荷物の保管やゴミの廃棄などについては、別途費用が発生する場合もありますので事前に確認しておきましょう。

この仲介手数料は、法律で上限額が定められており、200万円以下の取引額の場合「取引額×5%+消費税」で、200万円~400万円なら「取引額×4%+2万円+消費税」です。

400万円を超える場合は「取引額×3%+6万円+消費税」となります。

仲介手数料のお支払いは、売買契約成立以降ですので、支払いのタイミングについては、事前に確認しておくべきでしょう。

仲介手数料が無料や安い場合の注意点

次に仲介手数料が無料や1%とアピールされているなど、安い場合についてご紹介していきましょう。

売主・買主からすると、安い手数料は大変魅力的に感じます。

しかし不動産取引の目的は、売買を安全に成功させることです。

大切なことは、情報提供の量や質であったり、お客様のプランや目標を実現させたいという営業マンの熱意だと思います。

そのため手数料の安さだけで選ぶのではなく、どんな仲介会社なのか、担当者の経験などをじっくり比較して検討し、見極めることが大切です。

東洋株式会社では、仲介手数料は、お客様に対するお役立ち料だと考えています。

お客様の期待を超える満足の提供を目指し、喜んで仲介手数料をお支払いいただけるような営業を行ってまいります。